年会情報
年会開催情報
年会報告
学会賞
専門医制度
治験登録医制度
海外研修員制度
学会誌 CNPT
CNPT掲載論文一覧
clozapinjeについて
海外学会レポート
講習会
臨床評価尺度
重篤副作用マニュアル
ガイドライン
EGUIDE
アルゴリズム
エキスパートコンセンサス
統合失調症薬物治療ガイドライン2022
この学会について
会員マイページへログイン
e-ラーニングシステム
facebookページへ
HOME > 専門医制度

精神科サブスペシャルティに関するお知らせ

2021年10月7日、8日に開催された第31回総会会期中に開催された評議員会並びに会員総会において、本学会が運営する臨床精神神経薬理学専門医制度を日本神経精神薬理学会(NP)と共同運営する形で精神科サブスペシャルティボード(PSSB)に申請を行うことをご承認いただきました。この度、正式な結果が開示され、本学会専門医が正式に精神科サブスペシャルティ専門医として承認されましたので、以下に詳細をご報告させて頂きます。


1.PSSB申請までの流れ

2021年11月17日に、日本臨床精神神経薬理学会(CNP)およびNP合同で臨床精神神経薬理学専門医制度のPSSBへの精神科サブスペシャルティへの新規申請を行いました。書面による一次審査を経て、二次審査への移行が決定したため、2022年2月21日に第1回CNP・NP合同専門医制度委員会開催を開催しております。2022年3月6日には、PSSBの面接による二次審査が施行され、CNP及びNPの各担当者が面接に出席致しました。


2.PSSB による審査結果について

2022 年3月6日の面接による二次審査の結果、本学会専門医が精神科サブスペシャルティ専門医として条件付けで承認され、日本精神神経学会専門医制度常任委員会を経て、日本専門医機構へ報告されました。
今後の課題として頂いた主な指摘事項は、以下の2 点です。
@本専門医制度のより良い名称について引き続き検討すること
A本資格の取得及び維持に「精神科専門医資格」が必要であることを記載すること


3.今後の課題

@専門医制度名称について

PSSB からの指摘事項@について、現在学会理事会等を中心に「国民にわかりやすい」専門医制度名称が検討されています。本年11月に行われる評議員会並びに会員総会で新たな名称の提案を行わせて頂く予定です。


A専門医制度規則・施行細則の改正

PSSB からの指摘事項Aも含めて、NPとの共同運営に関する諸規則の策定や更新料の改訂(精神科サブスペシャルティの5年毎の更新時に更新料として、専門医1名あたり2,000円の納付が必要となるため)、その他文言の変更に関連し、専門医制度規則・施行細則の文言改正が必要となります。本年(2022年)11月に行われる評議員会並びに会員総会で改正の詳細を提案させて頂く予定にしております。



一般社団法人 日本臨床精神神経薬理学会理事長 下田 和孝
専門医制度委員会委員長 嶽北 佳輝



HOME 学会紹介 入会案内 お問合せ 個人情報について サイトマップ english