年会情報
年会開催情報
年会報告
学会賞
専門医制度
治験登録医制度
海外研修員制度
学会誌 CNPT
clozapinjeについて
海外学会レポート
地域フォーラム
臨床評価尺度
重篤副作用マニュアル
ガイドライン
この学会について
会員マイページへログイン
facebookページへ
HOME  >  学会賞  >  2007年度ポールヤンセン賞受賞論文

学会賞

2007年度ポールヤンセン賞受賞論文

2007年度 ポール・ヤンセン賞2論文、および学会奨励賞3論文が決定しました。
受賞者の皆様、おめでとうございます。

ポール・ヤンセン賞2論文

olanzapineのカテコールアミン動態、BDNF、サイトカインに対する影響

Effects of olanzapine on plasma levels of catecholamine metabolites, cytokines, and brain-derived neurotrophic factor in schizophrenic patients
堀 輝1, 2、吉村 玲児1、山田 恭久1, 3、杉田 篤子1、三苫 正惠1、井田 能成4、中村 純1
  1. 産業医科大学 精神医学教室
  2. (株)東芝セミコンダクター社 北九州工場健康支援センター
  3. セイコーエプソン富士見事業所健康管理室
  4. 小倉蒲生病院

International Clinical Psychophamacology 2007, 22(1), 21-27

>>詳細はこちら PDFファイル

初発統合失調症患者への薬物治療
リスペリドンへの反応が不十分であった場合、オランザピンへの切り替えは有効か?

Switching to olanzapine after unsuccessful treatment with risperidone during the first episode of schizophrenia: An open-lebel trial
高橋 一志1、鎌田 光宏2、吉田 契造3、石郷岡 純1、樋口 久4
  1. 東京女子医科大学精神科
  2. 由利組合病院精神科
  3. 名古屋大学医学部精神科
  4. 聖マリアンナ医科大学精神科

J Clin Psychiatry, 2006, 67:1577-1582

>>詳細はこちら PDFファイル


学会奨励賞3論文

ABCB1遺伝子の3435 C > T多型がfluvoxamine血中濃度に与える影響

Dose-dependent effects of the 3435 C>T genotype of ABCB1 gene on steady-state plasma concentration of fluvoxamine in psychiatric patents
福井 直樹1、鈴木 雄太郎1、澤村 一司1、須貝 拓朗1、渡邉 純蔵1、井上 義政2、染矢 俊幸1
  1. 新潟大学大学院 医歯学総合研究科 精神医学分野
  2. MP テクノファーマ

Ther Drug Monit 2007 ;1-5

>>詳細はこちら PDFファイル

Monoamine metabolites level in CSF are related to the 5-HTT gene polymorphism in treatment-resistant depression
Ikuko Kishida, MD, PhD1,2; Eleni Aklillu, MSc, PhD3; Chiaki Kawanishi, MD, PhD 2; Leif Bertilsson, PhD3; Hans Agren, MD, PhD4
  1. Fujisawa Hospital, Kanagawa, Japan
  2. Department of Psychiatry, Yokohama City University School of Medicine, Yokohama, Japan
  3. Department of Laboratory Medicine, Division of Clinical Pharmacology, Karolinska Institutet, Karolinska University Hospital Huddinge, Stockholm, Sweden
  4. Department of Clinical Neuroscience, Section of Psychiatry, Karolinska University Hospital Huddinge, Stockholm, Sweden

Neuropsycho-pharmacology 2007, 1-9

>>詳細はこちら PDFファイル

パロキセチンの薬物動態に対するイトラコナゾールの影響 ―消化管の役割―

Effect of itraconazole on pharmacokinetics of paroxetine:the role of gut transporters
古郡 規雄1、斉藤 まなぶ1、新岡 武典2、井上 義政3、佐藤 靖1、兼子 直1
  1. 弘前大学医学部神経精神医学講座
  2. 弘前大学医学部附属病院薬剤部
  3. MPテクノファ−マ

Ther Drug Monit 29(2007)45-48

>>詳細はこちら PDFファイル


HOME 学会紹介 入会案内 お問合せ サイトマップ english